sakiyamiho.com

【書籍】Twitter カンバセーション・マーケティング

Twitter カンバセーション・マーケティング

著:崎谷実穂 解説:鷲田祐一

初の単著が出ました…!
日本でツイッターがユーザーや企業にどのように使われているのかを明らかにした本です。
昔はリツイートの数が1000以上いけば「すごく拡散してる」という感じだったのが、いまや何万単位でリツイートされるツイートを普通に見かけます。そう、ツイッターはいま日本ですごく伸びているんです。企業事例で出てくるスターバックスさんなんて、ひと月ごとに10万弱フォロワーが増えているそう。Facebookが中高年の花園と化したいま、若者に広くリーチできるメディアとしてツイッターの価値が上がっているのです。10代、20代はグーグル検索よりもツイッター検索をよくする、という調査もあります。ツイッターでバズらせ、それが情報番組に取り上げられてさらに拡散するというルートがもはや当たり前になってきています。

私はもともとツイッターのヘビーユーザーで、特にアニメや漫画の情報を得るためだけの2つ目のアカウントをめちゃ活用しております。そのタイムラインを見ながら、リアルタイムでアニメを観るのはすごく楽しい。ツイッターは新しいお茶の間だなーなんて思っていたので(そういうことも本には書いてます)、この本を書けてうれしかったです。ちなみに、複数アカウントを活用するのって日本だけの特徴らしいですよ。鍵アカも。
企業取材もすごくおもしろくて、とにかく物量作戦で攻めるセブン-イレブンさん、仮説検証を繰り返して精度を上げていくコカ・コーラさん、哲学を持って情報発信することが結果大量のフォロワー獲得につながっているスターバックスさんなど、攻め方がぜんぜん違う。企業規模や業種によってハマり方が違うので、独自の方法を皆さん編み出してるんですよね。
メディアやマーケティングに関わる人には役立つ内容になったかなと思っておりますので、ご興味あればぜひお手にとっていただけると幸いです。

2016.8.26

Category:

【書籍】混ぜる教育

混ぜる教育 画像

混ぜる教育 80カ国の学生が学ぶ立命館アジア太平洋大学APUの秘密
著:崎谷実穂 柳瀬博一 解説:糸井重里

初の共著本が出ました。いやあ感慨深いです。
何度も別府に通い、50人以上に取材をして書きました。膨大な情報をどう整理すればいいのか呆然としたのも、今となったら良い思い出。共著者の柳瀬さんには大変、大変お世話になりました。この場を借りて感謝申し上げます。

タイトルに「教育」とありますが、APUって「ベンチャー立ち上げ」の話でもあるんですよね。立命館という親会社があり、まったく新しいことを始めるにあたって、社内の「新規事業」じゃなく「別会社」としてAPUをつくる。そのために中途採用で教育業界の外から優秀な人材を集め、外国人教諭も含めたバラバラなバックグラウンドを持つ人達をマネジメントする方法を編み出していく……。設立資金を集めるために、初代理事長が企業のトップを口説いていくくだりなんかも、すごく参考になります。ビジネスの観点からもおもしろい&役立つ内容だと思うので、ぜひたくさんの方に読んでいただきたいです。

2016.5.20

Category:

cakes それ、科学的に教えてもらえませんか?

予防医学研究者の石川善樹さんに、いろんなことを科学的に説明してもらうというコンテンツをcakesに連載しています。石川さんが話したいテーマを話したいときに話してもらうので、不定期連載です(笑)。私自身もすごくためになる、取材が楽しみな仕事です。

考えが浮かばないのは、「問い」が悪いせい? 考えるための3つの方法論

この記事がすごく読まれました。

第1回は今でも無料で読めます。↓

仕事の質に深く関わっていたのは、「感情」だった

2016.5.16

Category:

cakes Googleの人工知能と人間の世紀の一戦にはどんな意味があったのか?

picture_pc_214697152d88dfc3d3074b8beae9c33ff46141dd

人間を超えたアルファ碁(AlphaGo)は、どのようにして強くなったのか
(第1回は無料)

Googleの人工知能「アルファ碁」と、世界トップクラスの囲碁棋士「イ・セドル九段」の世紀の対戦を、プロ棋士の大橋拓文六段と、最強将棋ソフトPonanzaの作者・山本一成さんに解説してもらった対談です。全4回。けっこう囲碁囲碁した内容だったのに、たくさん読まれてうれしかったです。

2016.4.18

Category:

CHANGEMAKERS OF THE YEAR 2015

2015.12.17

Category: