sakiyamiho.com

「このPC、女子力低いね」

フリーランスになって、PCを持ち歩く機会が増え

いままで直面しなかった問題にぶち当たった。

 

打ち合わせ先のカフェで、シェアオフィスで、

MacBookAir以外のPCを広げることがこんなにためらわれるとは!

そういう場所にMacじゃない人なんてほぼいない。

Windowsのシェアは90%以上のはずなのに、

ノマドが集まるところではそれが逆転している。

 

なになに、みんなおしゃれぶってるの?! と

無用な反感を抱いたこともあったけれど、

購入して、その理由がわかった。

 

薄くて軽くて便利だからだ。(うわあ当たり前)

最適化したら、ここに行き着くんだなと

すとんと納得してしまった。

 

ひとつすごいと思ったのは

トラックパッド(マウスの代わりをするタッチパネル)が

ぜんぜん入力の邪魔をしないこと。

これまで使っていた某国内メーカーのノートPCは

キーを打っているときトラックパッド的なところに手が当たると

勝手に反応していちいち文字入力が中断されていた。

よく考えたら変なデザインだ。

でも、使っているときは「そんなものか」と思っていた。

そういう、ほかのノートPCでなんとなく見過ごされてきた不便を

アイデアとこだわりですみずみまで解消してあるのが

MacBookAir。

 

それでも

「まあ使えるし、わざわざもう1台買わなくても……」

と購入をためらっていた私に、とどめをさしたできごとがあった。

仕事でちょくちょくお邪魔している「ソウ・エクスペリエンス」の取締役

山本一造さんにいわれたこのひとこと。

「うわ、このPC、女子力低いね!」

ああ、もっさりしててダサい、重い、使いづらい……

以前使っていたPCにまつわるイケてない感じを

ものの見事に言い表されてしまった。

 

フリーランスは会社のブランドがないだけに

自分にまつわるもので、仕事の方向性やセンスを表現する必要がある、と思う。

ただただ、安い(オフィスも入って50,000円だった)ゆえに買ったPCを

使い続けていると、それが自分のイメージになってしまう。

使っているものも私の一部。

そういうわけで、購入に踏み切った。

11インチの128GB、128,000円。

いまのところまったく後悔していない。

2012.2.16

Category: